(株)京滋リフォーム広 社員ブログ 日々の出来事綴っています。

qrcode.png
http://www.kgrfhiro.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

株式会社京滋リフォーム広
〒607-8221
京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288
TEL.075-594-1191
──────────────────
建築、リフォーム工事
──────────────────
027113
 

スタッフブログ

 
フォーム
 
余興の一つ…
亀田のマジックは毎年恒例になっています。私が見るのは7回目になるのですが、グレードアップしていくのがすごいなと思っています。
皆様に喜んでいただけるよう、披露するネタを考え、練習など人知れず努力をされています。
新年会の司会進行とマジック、何回やっていても緊張してしまうので,食事をゆっくりとした覚えがないとの事。
食べられないのは申し訳ない気もしますが、来年のマジックも楽しみにしています。
 
アドバイザー:中村
 
 
年末のごあいさつ
2013-12-07
今年も1年ありがとうございました。
来年も何卒、よろしくお願い申しあげます。 
アドバイザー:中村 
 
 
一足早いX'mas
2013-12-07
5日(木)に広富と共に取引会社主催のクリスマス会に招かれ大阪まで行ってきました。
ヒルトン大阪でランチをいただき、そしてメインのイベント!劇団四季の“ライオンキング”を観賞しました。
オープニングから大興奮!プロのエンターティメントにただ、ただ圧倒されました。  
 一番印象に残っているのは、過去と向き合うことに躊躇し、葛藤する主人公の若き王シンバ。
自分を見失うシンバに呪術師のヒヒから教わるシーン…。
「過去の痛みから逃げ出すことができるが、それに、学ぶこともできる。」
これまで、“学ぶ”というスタイルで向き合ってきてたかな?と考えると、少ない気がします
いろんな人や出来事から、学び得ること大切にしていきたいと“学ぶこと”という言葉に気持ちが引き締まりました。
とにかく、本当に楽しかった。歌に聞き惚れ、感動しっぱなしで最後のカーテンコールまでずーっと楽しめました。
 
 そして、その後は京都に戻り、パナソニック新商品説明会へ参加。
浴室、キッチンに追加されるラインナップは魅力的で、リフォームをお考えの上で役立つ内容となっています。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。ショールームへもご案内いたします。
 
 懇親会(女子会)も開いてくださり、そちらにも参加させてもらいました。
立食スタイルで用意されたお食事もおいしく、新商品のクイズがあったり、じゃんけん大会で盛り上がり
こちらもとても楽しかったです。
 
 それぞれの主催会社の方々と参加の機会をくれた社長へ感謝の気持ちがいっぱいです。
思いかけず、一足早いクリスマスプレゼントになりました。ありがとうございます。
1日中愉しんでリフレッシュさせてもらえましたので、仕事、頑張ります!
 
 
アドバイザー:中村 
 
 
2013秋のバス見学ツアー
2013-11-09
9(土)開催されました、丸産業住設建材まつり・阿倍野防災センターバス見学ツアーへのご参加いただき
誠にありがとうございました。
 
大きな会場(インテックス大阪4号館)に各メーカーの主力商品が一気に集う場所ですので、
お住まいのこれからを考えるよい機会になればと思い、見学ツアーを開催いたしております。
私共もお客様とご一緒に回らせていただきますので、よく知っている住宅設備機器や建材はさることながら、
新しい商品などお客様へのご提案に役立つ情報を得られるので改めて勉強になります。
 
毎回、遠方になるにもかかわらず、たくさんのご参加いただけることをとてもうれしく思っております。
バスツアーということで普段とは違いお住まいの事以外にも、たくさんお話ができる楽しい1日です。
 
気になる商品やお住まいで気づかれたことなどがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。
 
住設建材まつりの会場を後に向かったのは、大阪市阿倍野防災センター。
災害体験をすることで、今一度、災害に対しての準備・心構えなどを考えていただければと
思い企画いたしました。
60分のコースでは下記の6つの項目で体感します。
・バーチャル地震(地震に関する情報をニュース形式で紹介します。)
・火災発生防止(火災発生の危険性のあるものを見つけ出し、未然防止体験)
・煙中(煙の中の移動の体験)
・初期消火(消火器で初期消火の体験)
・119番通報(公衆電話や携帯電話による119番通報が体験)
・地震の揺れ体感(阪神淡路の縦揺れ、今後おこるであろう南海大地震の想定横揺れ)
最後に修了証をもらいます。
 
恥ずかしながら知らなかったのですが、地震の揺れが落ち着いた時に出口確保の後に
2次災害防止としてガスの火を消したり、家電の電源を切った後の最後に通電火災の発生を
防ぐ為に電気ブレーカーを落とすことが必要との事。
ライフラインの中で電気はは比較的早く復旧することもあり、電線への被害を少なくする為にも
そして、何より火災を防ぐ事が重要。一番最後に電気ブレーカーと落とす事、覚えておきます。
 
終了後に皆様ともお話しましたが、実際の災害時に冷静な判断や落ち着いた行動が取れるかは
自分のことであってもやはり未知の部分と言うしかないです。
ですが、こういう施設で体感することで身の安全の確保、2次災害を防ぐ事を改めて知ることが
必要なのだと強く感じました。
<<株式会社京滋リフォーム広>> 〒607-8221 京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288 TEL:075-594-1191 FAX:075-594-1220