山科でリフォームをお考えなら | 京滋リフォーム広

qrcode.png
http://www.kgrfhiro.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

株式会社京滋リフォーム広
〒607-8221
京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288
TEL.075-594-1191
──────────────────
建築、リフォーム工事
──────────────────
024628
 

~”耐震”リフォームが必要な建物とは~

  • ホーム  > 
  • ~”耐震”リフォームが必要な建物とは~
 

コラム

コラム
 

工務店を京都市でお探しなら、経験豊富な大工がいる【株式会社京滋リフォーム広】へ~”耐震”リフォームが必要な建物とは~

京都市の工務店【株式会社京滋リフォーム広】には経験豊富な大工が在籍

京都市の工務店【株式会社京滋リフォーム広】には経験豊富な大工が在籍

京都市工務店【株式会社京滋リフォーム広】は、大手ハウスメーカーで知識と経験を積んだ大工がリフォームを希望するお客様の声に応えるために創業した会社です。

現在では、一級建築士や一級建築施工管理技士をはじめ、マンション管理業務主任者、宅地建物取引主任者、給水装置工事主任技術者など、様々な専門資格を持ったスタッフが多数在籍しています。

インテリアコーディネーターや福祉住環境コーディネーターの資格を持ったスタッフも在籍しているため、暮らしの質を求める方のご依頼にも対応可能です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

工務店を京都市でお探しなら、リフォームに特化している【株式会社京滋リフォーム広】へ

工務店を京都市でお探しなら、リフォームに特化している【株式会社京滋リフォーム広】へ

工務店を京都市でお探しでしたら、「まちのリフォーム屋さん」として、様々な施工を実施している【株式会社京滋リフォーム広】をご利用ください。

京都市の工務店【株式会社京滋リフォーム広】では、戸建てのリフォーム工事全般だけでなく、マンション・アパートのリフォームや新築・増改築にも対応可能です。

防水工事や耐震リフォーム、高齢者住宅・バリアフリー住宅への改修などもお受けしていますので、住まいのリフォームをお考えの方はぜひ【株式会社京滋リフォーム広】へご相談ください。

”耐震”リフォームが必要な建物とは

全国各地で地震が相次ぐ中、被害を最小限に抑えるためにも建物の耐震性が求められています。特に、規模の大きな地震の場合、本来なら家族を守るはずの住宅が崩壊して人命が危険にさらされる恐れもあります。家族の命を守るためにも、改めて”耐震”リフォームの必要性について考えましょう。

♦老朽化していないか♦

建物は水まわりや土台から老朽化が始まります。土台が弱っていると、大きな地震が起きた際に倒壊する危険が高くなるため補強工事を行いましょう。既に補強工事済みでも、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

♦建築した年♦

地震大国の日本では、大地震の度に耐震基準を改正しています。1981年以前の建物は、旧耐震基準によって建築しているため注意が必要です。現在の住まいが旧耐震基準を基にしている場合は、早めに耐震対策を実施することをおすすめします。

♦地盤の強さ♦

地盤が弱い地域で大きな地震が起きると、被害が拡大する恐れがあります。家を別の場所に移動させることはできないため、”耐震”リフォームが重要です。少しでも耐震対策をして地震に備える必要があります。

お役立ちコラム

京都市の工務店なら【株式会社京滋リフォーム広】へ

会社名 株式会社京滋リフォーム広
所在地 〒607-8221 京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288
電話番号 075-594-1191
URL http://www.kgrfhiro.jp
<<株式会社京滋リフォーム広>> 〒607-8221 京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288 TEL:075-594-1191 FAX:075-594-1220