山科でリフォームをお考えなら | 京滋リフォーム広

qrcode.png
http://www.kgrfhiro.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

株式会社京滋リフォーム広
〒607-8221
京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288
TEL.075-594-1191
──────────────────
建築、リフォーム工事
──────────────────
025120
 

~「耐震」リフォームの必要性~

  • ホーム  > 
  • ~「耐震」リフォームの必要性~
 

コラム

コラム
 

山科でリフォームをお考えなら水まわりの施工にも強い会社【京滋リフォーム広】へ~「耐震」リフォームの必要性~

山科でリフォームをお考えなら地域密着の【株式会社京滋リフォーム広】へ!

山科でリフォームをお考えなら地域密着の【株式会社京滋リフォーム広】へ!

山科リフォームをお考えでしたら、リフォーム工事全般を請け負う【株式会社京滋リフォーム広】へお任せください。平成3年に創業した【株式会社京滋リフォーム広】は、地域に密着した建築・リフォーム工事を行っています。

創業以来リピーター様も多く、技術力・提案力には自信があります。住まいに関するご質問やご相談には丁寧にお応えいたしますので、お電話・FAXよりお気軽にお問い合わせください。

山科のリフォームは水まわりにも強い【株式会社京滋リフォーム広】

山科でリフォームを請け負う【株式会社京滋リフォーム広】は、水まわりの施工も得意としています。雨漏りや湿気によるカビ、床板の腐食などでお困りではありませんか?

【株式会社京滋リフォーム広】では、「まちのリフォーム屋さん」としてお客様のお悩みやご要望をお伺いしながら施工内容をご提案いたします。新築工事や店舗改装についてもお気軽にご相談ください。山科だけでなく、周辺地域からのご依頼もお待ちしています。

「耐震」リフォームの必要性

「耐震」リフォームの必要性

全国各地で地震による被害が相次いでいることにより、耐震についての重要性を改めて感じている方も多いことでしょう。簡単にできる耐震補強として家具・家電が倒れないように固定する方法もありますが、家が倒壊してしまえば意味がありません。

倒壊すればご家族の命が危険にさらされるだけでなく、近隣の建物へ被害が拡大する恐れがあります。実際に建物への被害が大きかった阪神淡路大震災では旧耐震基準の建物が多かったと言われているため、ご家族の安全を確保するためにも耐震に配慮したリフォームが必要です。

また、現在適用されている新耐震基準では、震度6強~震度7程度の地震が発生しても人命に危害を及ぼすような倒壊などの被害を生じないことを目標に作られています。この耐震基準からも分かるように、耐震リフォームは建物の強度を補強して耐震性能を確保することを目的としています。

お役立ちコラム

山科でリフォームをするなら【株式会社京滋リフォーム広】へ

会社名 株式会社京滋リフォーム広
所在地 〒607-8221 京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288
電話番号 075-594-1191
URL http://www.kgrfhiro.jp
<<株式会社京滋リフォーム広>> 〒607-8221 京都府京都市山科区勧修寺西金ヶ崎288 TEL:075-594-1191 FAX:075-594-1220